2019年Webデザインの勉強に役立つ書籍・本

book-4

こんにちは、デザイナー・ブロガーの
ゆっきー(@elcielo_design)です。

今回は、Webデザインを学ぶ上で、
参考になるおすすめのデザインの書籍を
テーマ別に幾つか紹介しようと思います。

スポンサーリンク

この記事の目次

Webデザインの学習に役立つ書籍・本

「テーマ別おすすめのデザイン書籍・本」

 テーマ
 書籍名
 ① デザインの基礎  ノンデザイナーズ・デザインブック
 デザイン入門教室
 ② Webデザインの基本
 いちばんよくわかるWebデザイン
 Webデザイン、これからどうなるの?
 Webデザイン良質見本帳
 ③ デザイン
  ツール 
 Adobe
 Illustrator 
 Illustrator しっかり入門
 Adobe
 Photoshop
 Photoshop しっかり入門
 Adobe XD  世界一わかりやすいAdobe XD
 UIデザインとプロトタイプ制作の教科書
 Sketch  UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド
 ④ HTML・CSS 
  (JavaScript)

 いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザイン
 HTML5/CSS3モダンコーディング
 Web制作者のためのCSS設計の教科書
 Web制作者のためのSassの教科書
 ⑤ デザインテクニック
 なるほどデザイン
 [買わせる] の心理学
 消費者の心を動かすデザインの技法61
 ⑥ レイアウト
 けっきょく、よはく。
 レイアウトデザイン見本帳
 レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック
 ⑦ 配色
 配色デザイン見本帳
 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
 配色アイデア手帳
 めくって見つける新しいデザインの本
 ⑧ デザイン事例
 Webデザインのロジック
 2万回のA/Bテストからわかった
 支持されるWebデザイン事例集
 ⑨ レスポンシブデザイン
 

Webデザインをこれから学んでいく人、
現役のWebデザイナーの人にもきっと
参考になる書籍をピックアップしました。

それぞれ楽天ブックスとAmazon、
Kindleで飛べるようになっています。

スポンサーリンク

① デザインの基礎関連の書籍・本

「デザインの基礎となる書籍・本」

  • ノンデザイナーズ・デザインブック
  • デザイン入門教室

ノンデザイナーズ・デザインブック

Web限らずにデザインを学び始める人が、
一番はじめに読んで欲しい書籍の一冊。

 特徴 ・海外の訳本ですが、既に第4版まで
 出ているデザインの良書。
・デザインのコツ・意味をしっかり理解可能
・内容もかなり分かり易く書かれている。
・デザイナーを目指していない人でも
 デザインの基本が学べる。
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ初心者
・非デザイナー
 その他  

デザイン入門教室

デザインの基本を抑えることができる一冊。

 特徴 ・デザインの基礎力となるグラフィック
 ワークや、企画・プレゼンまで図解と共に
 学べる良書。
・デザインの大切なところを一通り
 紹介していて基礎をしっかり学べる。
・書店でもよく見かける書籍。
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ人
・デザイナー1年生の人
 その他  

② Webデザインの基本関連の書籍・本

「webデザインの基本が学べる書籍・本」

  • いちばんよくわかるWebデザイン
  • Webデザイン、これからどうなるの?

  • Webデザイン良質見本帳

いちばんよくわかるWebデザイン きちんと入門

 
 

先ほど紹介したデザインの基本とまた違い
こちらはWebデザインに焦点を置いた書籍。

 特徴 ・「Webデザインとは何なのか」について
 理解できる書籍の一冊になります。
 その他  

Webデザイン、これからどうなるの?

Webデザインの現代 (トレンド) と
未来について語られている書籍。

 特徴 ・グラフィック、タイポグラフィ、UI、
 配色、レイアウト等のデザインの動向を
 学ぶことができる書籍。
 その他 ・今からWebデザインを学ぶ人だけでなく
 現役デザイナーにも参考になる。

Webデザイン良質見本帳

色んなテーマ別のWebデザインを見れて
特徴、構成、見せ方などのテクニックが
わかるWebデザインの見本帳になります。

 特徴  
 その他  

スポンサーリンク

③ デザインツール関連の書籍・本

「デザインツールの使い方が分かる書籍・本」

  • Illustrator しっかり入門
  • Photoshop しっかり入門

  • 世界一わかりやすいAdobe XD
  • UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド

Illustrator しっかり入門

Illustratorの使い方を初心者に向けて、
丁寧に紹介しているイラレの入門書。

 特徴 基本操作をこの一冊で大体マスター可能
・情報が綺麗にまとめてある。
・作業別にレッスンが細かく分かれていて、
 必要な部分だけを抑えながら読める。
 その他 ・Illustrato関連の入門書は多くありますが、
 その中でも特に個人的におすすめのもの。
・超初心者の場合は、初めの一歩の解説が
 やや少ないかも?

Photoshop しっかり入門

こちらもIllustratorの入門書と同じ
シリーズのPhotoshopの入門書です。

 特徴 基本操作をこの一冊で大体マスター可能
・他の特徴はIllustratorシリーズと同じ内容
 その他 ・Illustratorと合わせて読むと良い。

世界一わかりやすいAdobe XD
UIデザインとプロトタイプ制作の教科書

Adobe Illustrator/Photoshopと
合わせ使えるようになっておきたい
UIデザインツール「Adobe XD」の
使い方が勉強できる書籍になります。

 特徴 ・基礎の基礎から制作テクニックまで、
 しっかり紹介されているデザイン本。
 その他  

UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド

タイトル通りSkethの入門・実践書で、
Skethの使い方などが分かりやすくて
初心者のために書かれている一冊です。

 特徴 ・シンボル・オートバランスの活用が
 苦手な人はこの本が理解しやすい。
 その他  

④ HTML・CSS関連の書籍・本

HTML・CSS、 JavaScript・JQuery等の
  知識や使い方が分かる書籍・本」

  • いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザイン
  • HTML5/CSS3モダンコーディング

  • Web制作者のためのCSS設計の教科書
  •  Web制作者のためのSassの教科書

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザイン
きちんと入門

HTML・CSSの意味から始まって、
それぞれテーマごとにコードを
学んでいきける内容の書籍です。

 特徴 ・初めてHTML・CSSを知るという方でも
 大変分かりやすく、躓きにくい。
 その他  

HTML/CSS3モダンコーディング

この本もHTML・CSSを学べる書籍で
先ほど紹介した本よりは実践・応用
レベルの内容が充実している一冊。

 特徴 ・HTML・CSSの入門書を読み終えたら、
 次に読んでみると良い一冊。
・JavaScriptも紹介されている。
 その他  

Web制作者のためのCSS設計の教科書

この本はCSSの設計の面において
Webデザインの勉強になる書籍。

 特徴 ・Webデザインの制作だけでなく、
 Webサイトの運用も意識できる本。
・コードを綺麗に書くことで管理や修正が
 しやすくなることを説明してくれる。
 その他  

Web制作者のためのSassの教科書

SassというCSS管理をスムーズに効率的に
書けるための方法を紹介している書籍。

 特徴  
 その他 ・Webデザイン制作会社で働きたい人は、
 特にチェックしておきたい一冊。

スポンサーリンク

⑤ デザインテクニック関連の書籍・本

「デザインのテクニックが学べる書籍・本」

  • なるほどデザイン
  • [買わせる] の心理学  
    消費者の心を動かすデザインの技法61

なるほどデザイン

目で見て楽しめる、分かり易いデザイン解説書。

 特徴 ・文字を読んで理解するのではなくて、
 図解やイラストで見て理解する感じの本。
・内容も面白く、スラスラ読み切れる。
・デザインする上で必要な基礎、概念、
 ルール、プロセスが図解やイラスト、写真等
 ビジュアルで丁寧に解説されている。
・この本のデザイン構成と伝え方そのものが
 とても参考になる。(デザインの表現や企画に
 役立てたい内容)
 おすすめの人 ・これからデザインを学ぶ人
・デザインを依頼する企業の広告宣伝担当者
 その他  

[買わせる] の心理学
消費者の心を動かすデザインの技法61

デザイン制作において心理学を使う
テクニックがまとめてある書籍。

 特徴 ・普通のデザイン書籍で学べない
 観点からアプローチして書かれている。
人の心理をつかむデザインの本質などを
 理解できるであろう興味深い一冊。
 その他  

⑥ レイアウト関連の書籍・本

「デザインのレイアウトが学べる書籍・本」

  • けっきょく、よはく。
  • レイアウトデザイン見本帳
    レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック

けっきょく、よはく。

「余白」を題材に書かれている書籍。

 特徴 ・余白(レイアウト)でデザインの良し悪しが
 決まってしまうことを教えてくれる一冊。
・NG・OK例それぞれ比較できて、
 具体的な場面を理解しやすい。
 その他  

レイアウトデザイン見本帳
レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック

デザイン配色を色相・印象・年代別等に
見ることができるデザインの見本帳。

 特徴 ・配色・レイアウトのアイデアの参考になる
 その他  

⑦ 配色関連の書籍・本

「デザインの配色が学べる書籍・本」

  • 配色デザイン見本帳
    配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
  • 配色アイデア手帳
    めくって見つける新しいデザインの本

配色デザイン見本帳
配色の基礎と考え方が学べるガイドブック

配色の基本知識からアイデア、
配色の実践まで学べる分かり易い書籍。

 特徴 ・配色の入門書に相応しい本
・本のタイトルに「見本帳」とあるが、
 色彩や配色を学ぶ上で大切な基礎の部分が
 抜かりなく全部載っている。
・本の対象が色の知識が全くない人なので、
 かなり分かり易い内容。
・構成は「色の基本知識」「配色の基本」、
「配色の実践」と大きく3つに分かれる。
 その他 ・レイアウトデザイン見本帳と合わせて、
 持っておきたい参考本の一冊。

配色アイデア手帳
めくって見つける新しいデザインの本

色々なテーマに沿って、おすすめの
配色パターンが紹介されている書籍で
デザイナーさんからの指示も高い一冊。

 特徴 ・イメージを形にできる新しい配色の教科書
・様々な場面で使える配色のアイデアが
 これでもかと言う程に豊富にある。
 (配色パレットを使ったデザイン例有り)
・基本配色の組み合わせが網羅されている。
・全テーマ見開き完結で読みやすい。
・本のサイズ感もコンパクトで丁度良い。
・CMYK/RGB/カラーコードもきちんと掲載
・「印象別、年代別、国別、色相別」等
 全127項目のテーマと計3,175種類の配色。
・Amazonの「芸術理論・美学」カテゴリの
 書籍でも売り上げ1位獲得
・累計10万部突破の2018年一番売れた
 デザイン本シリーズ(2冊だけど)の一冊。
 内容 ・全13パートで構成されている。
 1. カジュアル・アクティブ・ポップ
 2. ロマンティク
 3. ナチュラル
 4. フレッシュ・クリア
 5. エレガント
 6. ゴージャス・ラグジュアリー
 7. ダイナミック・エスニック
 8. クラシック・シック
 9. ミステリアス
 10. シャープ・モダン
 11. カラフルワールド
 12. カラフルヒストリー
 13. レインボー・カラーパレット
 その他  

⑧ デザイン事例関連の書籍・本

「実際のデザインの現場で役立つような
   考え方やテクニックなどが学べる書籍・本」

  • Webデザインのロジック
  • 2万回のA/Bテストからわかった
     支持されるWebデザイン事例集

Webデザインのロジック

実際のWebサイトの事例を見ながら、
Webデザインの意図を学べる書籍。

 特徴 ・企業のWebサイトのデザイン過程を
 知ることができるデザイン本。
 その他  

2万回のA/Bテストからわかった
支持されるWebデザイン事例集

この本も実際のA/Bテストのデータから、
優秀なWebデザインの事例を挙げている
貴重なデザイン情報参考の書籍の一冊。

 特徴 ・実は少しのデザインの違いがあるだけで、
 反応や影響が大きく変化することを学べる。
 その他  

⑨ レスポンシブデザイン関連の書籍・本

準備中

最後に

Webデザインの書籍も沢山ありますが、
その中でも特に読んでよかったものや
有名で人気なものをピックアップして
テーマ別に一通り紹介してみました。

紹介した書籍全部とは言いませんが、
ある程度これらのものに目を通せば
Webデザインの土台は出来てきます。

書籍で学ぶことはデザインの知識等を
体系立て自分のものにしていけるので、
動画学習や制作しながら覚えるのとは
また違った学びの方法になってきますね。

書籍である程度、知識が身についたら
あとは手を動かしてはデザイン制作し、
数をこなしスキル面も高めましょう。

たまに、書籍を全部読んだからといって
出来たつもりでいても実際やってみると、
出来ない事も意外に多くあると思います。

そうならないためにインプットしたら
アウトプットすることは大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする